痛いお尻ニキビの7つの原因&ツルスベお尻を手に入れる4つの治し方

「お尻にニキビ?」って思っていませんか?しかし、ニキビは体のあらゆる部分に発生してしまいます。なので、お尻にニキビができてしまうのは当然のことなのですよ!

お尻にニキビが出来てしまうと、恥ずかしくて誰にもいえませんよね・・・。また、人から見えない部分でもあるお尻にニキビが出来てしまっても、「見えないから大丈夫!」とケアを怠っていませんか?お尻にニキビが出来たとしても、顔と同じようにしっかりケアしてあげることが大切ですよ!

おしりニキビに悩んでいる女性

恥ずかしいお尻ニキビだからこそ、誰にも相談できずケア方法を知らないで放置しておいてしまうと、悪化させてしまう可能性がありますので、しっかりケア方法を知っておきましょうね!そこで今回、お尻ニキビの原因と治し方を詳しくご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にお尻ニキビを治していきましょう!

お尻ニキビの7つの原因

お尻にニキビが出来てしまう原因は、様々な原因が考えられます。皆さんのお尻ニキビは何が原因で発生しているのか、原因を知ることから始めましょう!

乾燥でターンオーバーが乱れる

お尻は、ベタつきがなく乾燥しているのでニキビが発生しにくい部分と思われがちですが、その乾燥がニキビを発生される原因の一つです。皮脂腺の少ないお尻はとても乾燥しやすくなっています。それなのに、顔のスキンケアをしっかり行っていても、お尻のスキンケアは行わず放置してしまう方がほとんど・・・。肌が乾燥してしまうと、角質が詰まりやすくなってしまい、ターンオーバーが乱れてしまいます。そしてニキビ発生へと繋がってしまうのです。

蒸れが原因でニキビができる

女性は特にお尻が蒸れやすくニキビが発生しやすい環境になっています。常に下着や服で覆われているお尻は通気性が悪く蒸れや状態になっていますが、暑い日には汗をかきやすく蒸れをさらに増大させてしまっています。この環境はアクネ菌の増殖に繋がってしまいニキビが発生しやすくなっています。また、女性特有の生理!ナプキンをするとお尻のあたりが蒸れませんか?特に夏場のナプキンは気持ち悪くなるくらい蒸れてしまいがちです。

下着の蒸れ

摩擦・刺激でニキビができる

衣類の摩擦刺激

デスクワークなどの座った作業で、お尻に下着や衣類などで摩擦を与え続け肌を傷付けてしまっています。この摩擦によって起こった肌のダメージはニキビの元アクネ菌が大好きな場所でもあり、ニキビが発生しやすい環境を作ってしまっています。

シャンプー・ボディソープ等の刺激

シャンプーとボディソープ

さらに、ボディーソープなどのすすぎ残りが原因でニキビが発生してしまうケースもあります。しっかり洗い流したつもりでいても、すすぎ切れていない場合があります。肌に残ってしまったシャンプーなどは毛穴を詰まらせニキビ発生の原因に繋がってしまいますので、全身はしっかり洗い流すようにしましょう!

おしりは刺激を受けやすい

このような事が原因でお尻にニキビが発生してしまいます。日常生活において座る事や入浴することは当たり前のことかもしれませんが、お尻にとっては刺激になってしまいがちです。また、お尻はとてもデリケートな部分なので、少しの摩擦や圧力でもお尻にとっては大きな刺激になり負担をかけてしまっています。そして、刺激からお尻を守ろうと角質を厚くし硬くしてしまい、毛穴を小さくしてしまいます。小さくなってしまった毛穴は汚れが溜まりやすく、毛穴詰まりを発生させます!それがニキビ発生へと繋がってしまいます。

体重などによる負荷が角質を厚くしてしまう

日常生活で座るという動作は当たり前かもしれませんが、座る事で上半身の体重がお尻にかかり、常に刺激を受けている状態になります。お尻に負荷がかかってしまうと、その負荷からお尻を守ろうと働くため角質を厚くしてしまいます。角質が厚くなっていくお尻に、さらに負荷をかけてしまえば厚くなった角質が硬くなり、毛穴を塞ぎやすくなってしまいます。そして塞がった毛穴はアクネ菌の温床に!

椅子に座っている男性

また、おしりはニキビが発生しやすい場所であると同時に、発生してしまったらニキビ跡や黒ずみにもなりやすいのが特徴!ニキビや黒ずみが発生してしまっても座るという動作は止めることができません。そのため、負荷をかけ続けてしまえば、治りも悪くお尻ニキビを悪化させてしまうことに!座る動作が当たり前だからこそ、長時間座って作業する時は、クッションなどでお尻にかかる体重を和らげてあげることも予防には効果的ですよ!

血行不良による新陳代謝の悪化

デザインを重視してきつめの下着や服を選んでいませんか?また、ベルトをきつめに絞めすぎていませんか?こういった締め付けは、お尻の血行を悪くしてしまう原因であるとともに、摩擦を強くしてしまう原因でもあります!また、長時間座っていることで、血管が圧迫され血流の流れが悪くなってしまいます。お尻を触ってみて冷たければ血行が悪い証拠ですよ!血流が悪ければ肌の新陳代謝も落ちニキビ発生へと繋がってしまします

お尻の血行不良を防ぐためにも、締め付けのきつい下着や衣類などは避けるようにしておきましょう。また長時間の座りっぱなしで血行が悪くなりがちには、こまめに体制を変え、軽い運動をして血流を良くしてあげましょう。

ホルモンバランスの乱れがニキビを発生させる

ニキビが発生しやすくなるホルモンバランスの乱れ・・・。皆さんはホルモンバランスを整えられていますか?ホルモンバランスは睡眠不足ストレス食生活の乱れによって乱れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

睡眠中はホルモン分泌が活発に行われているため、十分な睡眠が取れていないと、ホルモン分泌を妨げてしまします。また、ストレスによって自律神経が乱れてしまえば、ホルモン分泌にも影響を及ぼし、正常なホルモン分泌を行えなくなってしまいます。さらに食生活の乱れは、栄養が偏りホルモン分泌に影響してしまします。

睡眠不足・ストレス・食生活の乱れを続けてしまうと、ホルモン分泌を妨げ肌のターンオーバーが正常にできなくなってしまいます。そうなってしまうと、古い角質が蓄積してしまい、毛穴を詰まらせてしまう原因に繋がってしまいますので、ホルモンバランスを乱さない生活を心がけることが大切です。

衛生状態が悪く細菌が繁殖する

お尻はどうしても汚れてしまいがちです。自宅以外のトイレの便座は沢山の人が座り、用を足します。そのため奇麗に見えていても雑菌が付着しているため、そのままお尻をつけてしまうと、雑菌が付着してしまい、不衛生状態になってしまう場合があります。また、トイレに行った後、処理が不十分になってしまうと、そのままお尻に雑菌が付着してしまいます。

お尻は隠れていても、トイレなどで直接雑菌に触れる機会もあり、さらに下着で蓋をしてしまうという不衛生状態になりがちです。そういった状態を防ぐためにも通気性のいい下着や毎日下着は変え清潔な状態を保つようにしましょう!

粉瘤(ふんりゅう)とおできとの間違いに注意!

「粉瘤?聞いたことないな・・。」という方も多いと思います。そこで粉瘤とおできの特徴について詳しくご説明していきますね。

粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)とは

粉瘤は、皮膚の下にできる腫瘍です。腫瘍といっても老廃物が皮膚の内側に溜まってしまうことで起きてしまう良性腫瘍です。

粉瘤の特徴

よくニキビと勘違いされやすいですが、粉瘤の場合は皮膚の下に「しこり」があり、これを放置してしまうと、どんどん大きくなり感染症を引き起こしてしまい、痛みを伴ってきます。

おでき(せつ)

おでき(せつ)とは

おでき(せつ)はニキビと違い毛包周囲が細菌によって感染することが原因で起こります。

おできの特徴

おでき(せつ)は、細菌によって炎症を起こしてしまうので熱を伴う痛みがあり、赤い塊のようなものが出来てしまいます。

ニキビ

ニキビとは

ニキビは、毛穴に発生してしまう炎症のことです。皮脂分泌や古い角質などの汚れが毛穴を詰まらせてしまうことで発生してしまいます。

ニキビの特徴

毛穴詰まりによって発生したニキビは、炎症を起こしてしまうため赤くなってしまったり膿が溜まってしまします。

粉瘤の場合は病院へ!

粉瘤はセルフケアで治すのが非常に難しいです。誤ってケアしてしまえば感染のリスクが高くなってしまい悪化してしまう可能性もあります。粉瘤の特徴でもある「しこり」が皮膚の下に見られる時はすぐに病院へいき受診するようにしてください!放置してしまうと、どんどん大きくなっていってしまうのが特徴です!ぜったい自分で治そうとはせず、病院へいきましょう。

お尻ニキビは潰しちゃ絶対にダメ!

「禁止!」の看板を持った女性

「ニキビは潰しちゃえ!」これは絶対にやってはいけません。

おしりの場合、常に下着や衣類などで覆われた状態で通気性も悪く常に清潔に保つことが難しいです。もし、その状態でニキビを潰してしまえば雑菌が毛穴に入り込んで悪化してしまい、ニキビ跡ができやすくなってしまいます。お尻に跡が残らない為にも、絶対に潰すことはやめましょう!

お尻ニキビの4つの治し方と対策

お尻は常に不衛生な状態になりやすく、繰り返しニキビが発生しやすくなりがちです。ニキビが発生したら正しいケアを行い、繰り返さない為に、対策をしっかり行っていきましょう!

お尻を清潔に保つ

上記でもご説明した通り、お尻は常に汗や蒸れが起こる状態になっています。下着を選ぶときはデザイン重視のものばかりではなく、通気性が良いものかを選び着用するようにしましょう。また、欠かせないトイレも雑菌の付着が気になってしまいます。トイレには便座消毒やペーパーが備えられています。それらを使用し、雑菌を付着させないようにしましょう!

また入浴時のすすぎ残りもニキビ発生の要因になります。お風呂から上がる時はボディーソープなどのすすぎ残りがないように、しっかり洗いながすようにしましょう。ちなみに、体を洗う時はゴシゴシ擦るのはNGですよ!おしりはとってもデリケートな部分です。強く擦ってしまうと肌がダメージを受けてしまいます。これもまた、ニキビ発生の要因です!洗う時は力を入れず優しく洗うように心がけましょう!

お尻への負担を減らす

ハートのクッション

長時間のデスクワークなどは、お尻に負担をかけてしまいがちです。お尻への負担を減らすためにも、クッションなどを敷いて負担を軽減するようにしてあげましょう
また、普段からパンツ履いている方は要注意です!きつめの衣類はお尻を締め付けてしまい、摩擦や血行不良を起こす可能性がありますので、きつめの衣類は避けるようにしましょう!

さらに入浴時もお尻に負担をかけてしまいがちです。体を洗う時は刺激の少ないボディーソープや石鹸などを使用するようにしましょう。お風呂上がりのタオル拭きも注意してくださいね。タオルも清潔で刺激の少ないタオルで拭くようにしてください。ゴワゴワしたタオルはNGですよ!

ピーリングでターンオーバーを促進させる

お尻は負担がかかりやすく、角質が硬くなってしまいがちです。角質が硬くなってしまうと、ニキビが発生しやすくなります。また跡も残りやすくなってしまうのです。それを防ぐのがピーリングです!ピーリングは古い角質を取り除きターンオーバーの促進に繋がります。また、毛穴の汚れをなども除去してくれるので、積極的に取り入れたいですね。

しかし!ピーリングのやり過ぎには注意してください!ピーリングを行うと肌質が上がった感じがあり、さらにやりたくなりがちですが、行いすぎてしまうと、未熟な肌が表面に出てきてしまい、とても弱い肌質を作りだしてしまうことになります。ピーリングを行う時は回数などに注意し、絶対やりすぎないようにしましょう!ピーリングのやりすぎは肌トラブルの素です!

お尻の保湿

お尻の保湿

お尻も顔同様に保湿に心がけてあげましょう!また、お尻はとてもデリケートなのでスキンケアを行う時は刺激を与えすぎないようにしましょう。急激な湿度変化によってお尻の乾燥はとてもはやく進んでしまいます。乾燥によってニキビを発生させないためにも保湿はしっかり行うようにしましょう!また、保湿ケアは1日1回だけではなく数回に分けて行うといいですよ!こまめに保湿すれば乾燥を防ぐことができますし、美尻になることも!

まとめ

お尻ニキビの治し方・対策についてご紹介してきました。いかがでしたか?お尻にニキビが出来てしまったら恥ずかしく誰にも相談できないですよね・・・。しかし恥ずかしがらなくてもいいのです!おしりはニキビが発生しやすい場所ですから!

お尻ニキビができてもケア方法を知らない方が多いと思います。そのため悪化させてしまう方も多いのではないのでしょうか?もし、お尻ニキビに悩んだら、今回ご紹介した方法を参考にお尻ニキビをケアして、対策していきましょうね!そして美尻を目指していきましょう!!

このページの先頭へ