もう恥ずかしくない!背中ニキビが治らない3つの原因&綺麗な背中を取り戻すための治し方

あなたは中々治らない背中ニキビに悩まされていませんか?

もしもあなたが、

  • 背中にできたニキビが中々治らない
  • ニキビの薬を塗っても治らない
  • 治したいのに潰れて悪化してしまう
  • 適切な治し方がわからない

と悩んでいるのであれば、今回の記事で必ず背中ニキビの原因と適切な治し方を学んで下さい

というのも、背中のニキビは顔のニキビよりもかなり治りにくく、放っておけば勝手に治るというものではないからです。

背中のニキビって、なんか不潔に思われそうで不安で、温泉やプールなどで他の人にその背中を見られるのとか死ぬほど嫌でに行きたくないし、好きな人にも「汚い背中だな」と思われそうで、「裸を見せるのも嫌だな…」とか思っちゃいますよね。

背中姿の女性

でも、だからと言って「早く治したい!」と思っていても、無意識のうちに潰して悪化させてしまっていたり、服の擦れで痛痒かったりして搔きむしり服に血が付いてしまったりと、治すのが難しいんですよね・・・。

好きな人や友達、誰にでも堂々と背中を見せられるよう、まずは背中ニキビができる原因から見ていきましょう。

背中ニキビが発生する最大の理由はホルモンバランスの乱れ

見られるのが恥ずかしい背中ニキビが発生する最大の理由は、ホルモンバランスの乱れによるものです。

ホルモンバランスが乱れる事によって、皮脂が過剰に分泌、さらに角栓の発生により毛穴が縮小。それによって、発生した皮脂が角栓で縮小した毛穴のせいで内部で閉じ込められマラセチア菌によって炎症を起こします。それが背中ニキビの正体です。

ニキビの発症には細菌であるアクネ菌(P.acnes)の増殖が関与していると思われていましたが、最近の研究により、毛穴の中には真菌(カビ)の一種であるマラセチア(Malassezia)が比較的高率に存在することがわかってきました。マラセチアは皮脂を好む皮膚の常在菌であり、脂漏性皮膚炎*、アトピー性皮膚炎の悪化に関与すると言われています。
参照:ニキビ外来|東京医科大学 皮膚科学教室

そして、ホルモンバランスの乱れが起こる主な原因は以下の2つです。

思春期によるホルモンバランスの乱れ

思春期と呼ばれる10〜20代の間は、皮脂の分泌を促進する成長ホルモンが多く分泌される事もあり、ホルモンバランスを正常に保つのが難しいため、いわゆる「思春期ニキビ」が発生しやすくなってしまいます。

思春期ニキビの場合は、成長に伴うニキビのため、全体の80%以上が悩むとされている程なので完全に予防するのは難しい部分もあるかと思います。

ですが、ニキビの発生を最小限に抑える事は可能です。「成長期だから、しょうがないのか・・・」と諦めずにやってみてください。

夜更かしをしない

夜更かして寝不足の状態だと、自律神経がうまく機能せず、皮脂の分泌量が多くなってしまう事があります。ただでさえ、皮脂が多く分泌されやすい思春期。余計に皮脂が出るような事は絶対に避けましょう。

それに人間の成長と睡眠には、深い関係があるので、成長期のあなたは、夜更かしせずに10時には布団に入り、最低でも8時間は睡眠をとるようにしましょう。

食べ物にも気を配る

思春期の時って、どうしてもポテチやチョコレートなどのお菓子を大量に食べたくなってしまいますよね?

ですが、油っこい食べ物や砂糖などを使った甘い食べ物は、皮脂を大量に分泌する原因になるので控えましょう。逆にビタミンの豊富な果物(グレープフルーツなど)や食物繊維の豊富な野菜(カボチャなど)を摂取するように心がけましょう。

保湿ケアを必ず忘れずに

あなたは、顔以外も保湿ケアをしていますか?

背中も顔と同様にお風呂上がりの保湿ケアは、とっても大切です。化粧水などを使って保湿ケアをしてあげることによって、皮脂が毛穴に詰まるのをブロックしてくれます。(ニキビの発生・悪化を防いでくれるだけでなく肌荒れなどのトラブルの予防にも効果的。)

皮脂の分泌が増える思春期、肌を清潔な状態で保つためにも必ず忘れずにお肌の保湿ケアをしましょう。

大人ニキビは生活習慣の乱れによるストレスから

「思春期じゃないのに背中にニキビができているんだけど…」と言うあなたは、睡眠不足、運動不足、偏った食生活など、生活習慣が乱れていませんか?

生活習慣の乱れは体に大きなストレスを与えるため、自律神経のうち交感神経が活発になり男性ホルモンが過剰分泌され、ホルモンバランスを起こしてしまいます。

睡眠をしっかり取ったり、食生活を見直し、生活習慣を改善しましょう。

背中ニキビが悪化して中々治らない3つの特有の原因

背中ニキビの主な原因は、顔ニキビなどと同じく、生活習慣の乱れからくる「ホルモンバランスの乱れ」からくるものというのは、わかりました。

ですがあなたは、

  • 「背中ニキビを治したいと思って生活習慣の改善をしたけど、中々治らないどころか悪化するのはなぜ…?」
  • 「顔にはニキビがないのに、背中にだけニキビができてしまうのはなぜ…?」

などと思ったのでは、ありませんか?

それは、ホルモンバランスとは別に背中ニキビ特有の3つ原因があるのです。そのため、「顔にはニキビができてないのに背中にだけ…」「1度できてしまった背中ニキビが生活習慣を見直しても中々治らない」といったことが起こる得るのです。

背中ニキビが悪化してなかなか治らない背中ニキビ特有の3つ最大の原因は、以下の3つです。

  • ボディーソープやシャンプーの洗い残し
  • 寝汗などの背中にかいた汗
  • 洋服による刺激

この3つの原因をしっかりと改善するだけで、背中ニキビに悩む事は無くなると思います。

では、1つ1つ詳しい原因や対策を見ていきましょう。

ボディーソープやシャンプーの洗い残し

お風呂に入る女性

あなたはお風呂に入る時、シャンプーやボディーソープの洗い残しに気をつけたことはありますか?

「いやいや、いつもちゃんと流してます」と思うかもしれませんが、背中にニキビができているのであれば、”流した気”になっているだけで、しっかり流しきれていないのかもしれません。と、いうのもシャンプーやボディーソープの洗い残しが背中ニキビの1番の原因だからです。

なぜ、洗い残しが背中ニキビになるの?

シャンプーやボディーソープは、汚れを洗い落とすためのものですよね?その泡によって吸収された汚れが、背中に残ってしまうと、どうなってしまうかわかりますよね?

残された泡汚れは、毛穴に詰まってバイ菌を繁殖させてしまいます。さらに石鹸の汚れを落とす成分が、長く留まることによって肌を刺激しますので、汚れ刺激ダブルパンチでニキビが発生しやすくなってしまいます。

せっかく、体を綺麗にしようとお風呂に入っているのに、それが原因で背中ニキビが発生してしまうなんて・・・。あまりにも悲しすぎますよね?

ですので、しっかりと洗い残しのないようにしましょう。

洗い残しをなくすためには、お風呂での洗う手順にも気を付けましょう。

洗い残しがなくすためのお風呂で洗う順番

洗い残しが残らないようにするのであれば、「上から下に」。つまり、髪の毛(頭)を先に洗ってから、体を洗っていくことで洗い残しを予防することができます。

と、ここまでは「言われなくてもわかってるよ」と思うかもしれませんが、本当に注意して欲しのは、リンスやコンディショナーです。

あなたは「リンスやコンディショナーは塗ってから少し時間をおいた方が効果的だ」ということで、体を洗っている間に時間をおいて、体と一緒に流したりしていませんか?

もしも心当たりがあるのであれば、これも背中ニキビの原因になってしまいますので絶対にやめましょう。リンスやコンディショナーを流し終えてから、体を洗ってください。

そしてもっと言うのであれば、シャンプーをする時にも少し工夫することで、背中のニキビ予防をすることができます。

洗い残しをなくすためのシャンプー法

シャンプーの洗い残しをなくすための工夫とは、ずばり洗い流す「向き」です。多くの人はシャンプーをする時、何も考えずに流すので、洗い流した泡が体に付着しながら流れていきます。

それでは、体に汚れを吸収したシャンプーが残るリスクを高めてしまうので、髪を流すときに前屈みになり、泡を前に流すようにしてあげましょう。

そして特に髪の長い女性などは、洗った後の髪の毛が背中に当たるのを防ぐため、バンスなどの髪留めで髪を上に持ち上げてあげるとより効果的に予防できます。

※これは、リンスやコンディショナー時も同様です。

寝汗などで背中にかいた汗

「背中ニキビの原因は、汗によるものだ!」というのは、背中ニキビを気にしている方なら1度は聞いたことのある話だと思います。ですが、実はニキビと汗は直接的には関係ないのです。

では、どうしてそのような話が広まっているのでしょうか?

原因は汗をかいた後の乾燥に

肌の乾燥
先ほども言ったように、ニキビと汗は直接的には関係ありません。本当の原因は、汗をかいた状態を放っておくことによって起こる「乾燥」です。(それと、ベタベタ感が気持ち悪くて掻いて皮膚を刺激してしまうことも原因の1つです。)

ですので、多くの人が「汗=ニキビ」と勘違いしてしまっていますが、本当の原因は「乾燥」なのです。

汗をかいた後の乾燥を防ぐ方法

乾燥を防ぐ方法は、御察しの通り「保湿ケア」するしかありません。1番理想なのは、汗をかいたらすぐにシャワーで汚れを綺麗に洗い流して、化粧水やクリームなどで保湿することなのですが、それは難しいと思います。

ですので、刺激の弱い汗ふきシートなどで汗と汚れをしっかり拭き取った後、保湿をしてあげましょう。

寝汗が多く出る人は要注意

寝汗
あなたは寝汗をたくさんかく方ですか?寝汗も背中ニキビを悪化させる原因の1つに挙げられます。

人は寝ている時には体温が上がるため、どうしても寝汗をかいてしまします。ですが、寝汗を大量にかくと上記で紹介した「乾燥」もそうですが、睡眠の妨げにもなり、ニキビができやすくなってしまします。

ですので、背中ニキビを治したいのであれば寝汗対策も非常に重要になってきます。

寝る前はコップ1杯のお水を

お水
「水分を取ると寝るときに汗をかいてしまうから」と思い込み、寝る前に水分を取らないという人がいますが、逆にそれは痒みの原因となるベタベタした汗を出す事に繋がるので、効果的な対策とは言えません。

ベタベタした汗を出さないためには、寝る前にコップ1杯のお水を飲む事。もちろん飲み過ぎもよくないので、1杯というのを守ってくださいね。

洋服による刺激

3つの目は、洋服による原因です。洋服が原因となって背中ニキビを発生させてしまうのには幾つかの

素材による刺激

洋服
背中は洋服と常に触れていますよね?その洋服が、体に刺激を与える素材だったとしたらニキビができてしまいますよね?

特にニット素材の物などチクチクする素材の服を直接着るのは避け、必ずその上に1枚、肌に優しいオーガニックコットンなどの自然素材を使用した下着を着用しましょう。

それと化学繊維(ナイロンやポリエステルなど)の素材の衣服も肌を刺激してしまいますので、直接着るのは避けましょう。

服に残った洗剤

洋服の洗剤
これは可能性としては低いかもしれませんが、服に残った洗剤が汗によって溶け出し、背中に刺激を与えてニキビができているということも考えられます。

もし心配なのであれば、1度洗濯した洋服をお湯の入った桶などにつけてみてください。もしもその時に洗剤がフワァーっと溶け出てきたのであれば、洗剤の量を減らすか、洗剤を変えるの対策をとった方がいいでしょう。

無添加洗剤は合成洗剤よりも肌への刺激弱いため、ここを変えるだけでも「背中のニキビが改善された」という人もいるので、ぜひ衣服の洗剤も見直してみてください。

下着も毎日交換しましょう

女性の場合ですと、何日も同じブラジャーを着けていたことによって、その周りにニキビができてしまったという人もいるので、下着は毎日変えましょうね。背中は思っている以上に汗が出ているので、体の中でもかなり汚れが溜まりやすい場所です。

背中ニキビを1日でも早く治すには…

背中が綺麗な女性

背中ニキビがあると、人前で背中を見られ「汚い、不潔、うつりそう…」などと思われてしまうのではないかと心配になってしまったり、血が付いてしまう可能性があるので着たい服も着れなかったり、と本当に辛い事ばかりですよね。

そんな嫌な事ばかりの背中ニキビなんて1秒でも早く治したいですよね・・・。

背中ニキビを治すには、ベタベタする汗をかかないようにする事保湿ケアを徹底する事の2点がとても重要になってきます。

ベタベタする汗をかかないようにする

さきほど、3つの原因でもお話しさせて貰いましたが、汗は肌の乾燥を引き起こしニキビを悪化させてしまいます。

そして、汗にはベタベタした汗とサラサラした汗の2種類があり、そのうちサラサラした汗であれば、乾燥や痒みさほどないので問題ないのですが、ベタベタした汗の方は極度な乾燥や痒みを伴います。

ですので、ニキビを悪化させずにスムーズに治すためには、ベタベタした汗をかかないようにしなくてはなりません。

ベタベタした汗の原因はストレス

ベタベタした汗をかいてしまう原因には、運動不足や食生活も完成しているのですが、1番の大きな原因は睡眠不足からくるストレスだと言われています。

ベタベタ汗の予防にはポルフェノール

ストレス軽減効果の高いポルフェノールを含んだ食材が効果的と言われています。ポルフェノールといえば、真っ先に浮かぶであろう赤ワインやとトマト、リンゴなどに多く含まれていますので積極的に摂取するといいです。

ベタベタした汗は、肌を乾燥させるだけでなく、キツイ臭いの原因でもあるので心当たりがあるのであれば必ず改善しましょう。

寝汗によって背中を掻いてしまう

背中ニキビが中々治らないと思っている方で1番多いのは、「寝ている間に背中を掻いてしまって起きたらニキビが潰れて血だらけに…」という経験はないでしょうか?

それも実は、寝ている間にサラサラして汗ではなく、ベタベタしている汗を掻いている事が原因なので、しっかりとここを改善してあげることが重要です。

顔と背中では保湿方法も違う

「顔と背中では、保湿ケアの方法は違うの?顔に使っているスキンケア用品は効果あるの?」と思うかもしれませんが、顔と背中では保湿方法は、全く違います。

その理由は、背中の皮膚の厚さにあります。背中の皮膚は、顔の皮膚よりも分厚いため、厚い皮膚の奥深くにでもしっかりと浸透する浸透力が強いスキンケア商品を使うおすすめです。

そこで、おすすめなのが女性雑誌でも多く取り上げられている「メルシアン」です。もしかしたら、あなたも一度は目にした事があるのではないでしょうか?

お客様満足度92.8%を誇るメルシアン

浸透性の高く非常に美容効果の成分が10種類も入っていて、しかもその成分が天然のものであるため肌にも優しく敏感肌の人でも使えるという点が一番のおすすめ理由です。

口コミサイトのお客様の声を見ると、スプレータイプなため見えない場所にある背中ニキビを1プッシュで簡単ケアできると好評のようです。(※60日間の返金保証も付いているのも人気の理由の1つかもしれません)

ちなみにこの商品に関しましたは、実際に「メルシアン」を使って背中ニキビが改善したという女性の方から、当サイトに実践者の声として、実践レポートが寄せられておりますので、そちらも参考にしてみてください。

このページの先頭へ