ニキビの最大の敵はストレス!?ニキビの原因となる2種類のストレスと治し方

顎や鼻・口周りのニキビはストレスが原因かもしれません。

皆さんは、ストレス解消できていますか?ストレスを溜め込んでいませんか?
仕事や日常生活においてもストレスはつきものですよね・・・。

ストレスとは切っても切れない縁といってもいいくらいストレスは溜まりやすいもの。しかし、溜まったストレスを放置しておくことも良くない事ですよ。

ストレスが溜まっている女性

ストレスが溜まると、ニキビが発生しやすくなってしまい、さらにはホルモンバランスを崩し、心や体に影響を及ぼす可能性もあります!だからこそ、ストレスを溜めないで発散させてあげる事が大切です!

ちなみに私のストレス発散法は・・・。
「運転中に熱唱すること!」
「子供と一緒に、子供になったつもりではしゃいで遊ぶこと(笑)」
大声を出す事や、はしゃいで遊ぶことはとってもストレス解消にいい方法です!子供は体を動かして遊ぶ事が大好きなので一緒に遊ぶ事によって体をリフレッシュさせることが出来ちゃいます!また、運動不足解消にもなりますしね!

こんな些細なことでも、ストレス発散することが大切ですので自分に合ったストレス発散方法を探してみましょう!

そこで今回、「ストレスによってニキビができる原因」と「ストレスを溜めない為の方法」をご紹介しますので、ぜひ参考にストレスニキビを解消してみましょう!

ニキビの原因となるストレスには2種類ある?

ニキビの原因となるストレスには「精神的ストレス」「身体的ストレス」の2つのタイプがあります。自分がどちらのタイプなのか知ることも大切なポイントですよ!

精神的ストレスとは

精神的ストレスとは、「心に負担を与えるもの」をいいます。
具体的には、

  • 不安
  • 不満
  • 怒り
  • 焦り
  • 憎しみ
  • 悲しみ

等が挙げられます。

精神的ストレスを抱えている女性

精神的ストレスによるニキビの発生

精神的ストレスは誰でも抱えていると思います。仕事や育児・家事など日常生活のあらゆる面で精神的ストレスを受けやすくなっています。しかし!それを放置しておくとニキビの原因や様々なトラブルを引き起こす原因に!

私たちがストレスを感じてしまった時は、体もストレス反応を起こします。ストレス反応を起こした体は、血液の流れを悪くしてしまい、肌への栄養を行き渡らせなくしてしまいます。その結果、正常なターンオーバー(肌の再生)が出来なくなり、汚れた角質が肌に蓄積!汚れた角質はニキビの大好物なのでニキビが発生しやすい肌へとなってしまいます!そんな時はストレス解消とスキンケアで清潔な肌を保つ必要があります。

身体的ストレスとは

精神的ストレスとは、「体に負担を与えるもの」をいいます。
具体的には、

  • 寝不足
  • 食生活
  • 疲労
  • 寒さ
  • 暑さ
  • 細菌

等が挙げられます。

身体的ストレスを抱える女性

身体的ストレスによるニキビの発生

一般的に「ストレス」というと精神的ストレスと思われがちですが、身体的ストレスもまた、肌への影響を及ぼしニキビの原因になることもあります。

身体的ストレスは、例えば、急激な温度変化で起こります。夏の暑い室外に比べ室内はエアコンが効き涼しいですよね?そんな急激な温度変化が身体へのストレスに変わります。人の体は温度調整するために、血管の収縮で温度調整を行っています。暑い時は血管を広げ血液の流れを良くし、寒い時には血管を縮め、体の熱を逃がさないように働きます。それを繰り返すうちに、自律神経のバランスが崩れ、知らない間に身体にストレスをかけてしまっているのです。

自律神経のバランスが崩れ、身体にストレスをかけてしまうと、男性ホルモンが多く分泌されてしまいます。それが原因で、皮脂分泌が活発になりニキビ発生へと繋がっていきます。

また、不規則な食生活は、皮脂の分泌を促進させたりしてしまいますし、細菌が繁殖することでニキビを引き起こしてしまうこともありますので、身体的なケアも必要になるのです。

ストレスが原因でニキビが発生する2つのメカニズム

さて、2種類のストレスについて解説しましたが、これらのストレスを受けることで、ニキビが発生する大きな2つのメカニズムについて詳しくご説明したいと思います。

1.ストレスによる活性酸素の増加がニキビを発生させる

私たちは生きていくために酸素を吸っています。その酸素は体内に入ると活性酸素へと変わり様々な影響を及ぼします。

活性酸素とは

活性酸素は、分かりやすくいうと「サビの元」みたいなものです。活性酸素はとても不安定な分子ですが、体には必要なものです!活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃する働きがあるので「サビ」だからと要らない!というわけにもいきませんので、うまく活性酸素と付き合うことも大切です。

活性酸素の発生原因

活性酸素が発生する原因は日常生活にあります。ではどんな事で活性酸素は発生するでしょうか?

タバコ

  • 紫外線
  • 激しい運動・運動不足
  • たばこ
  • 排気ガス

などの身体的ストレスによって、活性酸素は発生し増加します。それ以外にも、精神的なストレスによっても増加すると言われています。身近なことが活性酸素の発生の原因に結びつきます。

活性酸素がニキビを生み出す原因

活性酸素は体にも必要な存在ですが、増えすぎた活性酸素は逆に肌への影響を及ぼしてしまいます。活性酸素は、「サビの元」とご説明しました通り、酸化力が非常に強いので、増えすぎると肌の細胞を傷付け、老化現象を引き起こしてしまいます。

活性酸素の働きで酸化した肌は、毛穴に角質が詰まりニキビが発生しやすい肌状態になっています。この活性酸素を抑制し、肌環境を整えてあげることでニキビの発生を抑えられることができます!

2.ストレスによるホルモンバランスの乱れがニキビを発生させる

ストレスはホルモンバランスを崩す原因にも繋がり、ニキビ・肌荒れ・生理不順を引き起こしてしまいます。ストレスとホルモンバランスの関係を知って適切なケアを行っていきましょう!

ホルモンバランスが乱れる原因

ホルモンバランスを乱す原因は様々ありますが、特に多いのはストレスによるホルモンバランスの乱れ。ストレスによって自律神経が乱れてしまい脳への伝達がうまく出来ず、女性ホルモンの分泌低下に繋がり、結果ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

女性ホルモンは女性らしい体をつくるために重要なホルモンです。このホルモンバランスが崩れると、肌への栄養を妨げてしまう働きがあり、ニキビ・肌荒れ・生理不順となってしまします。正常なホルモンバランスに整えるためにもストレスを溜め込まないことが重要ですよ!

ホルモンバランスの乱れがニキビを発生させる原因!

ホルモンには2つの種類があり、このバランスが整っているからこそ正常な肌サイクルができ美肌を保つ事ができます。しかし、このバランスは些細な事で崩れやすく、特にストレスは天敵!体はストレスに対抗しようと働き、男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。この男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰に促してしまうために、毛穴が角栓によって塞がれ、毛穴詰まりを発生させ、さらには皮脂が溜まりニキビの発生しやすい肌を作り出してしまいます。男性ホルモンが優位に立たない為にも、ストレス発散をし、ホルモンバランスしっかり整えていきましょう!

綺麗な女性

ストレスを溜め込まないためには?

ストレスはお肌の大敵です!私のようなやり方でストレス発散するのもいいですが、他にも色々なストレス発散方法がありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

1.休息・睡眠をとる

「それだけ?」と思うかもしれませんが、これもストレスを溜め込まないための方法の一つですよ!なぜなら、ストレスを感じてしまった時は、体もストレスを感じ緊張状態になっています。緊張状態になっている体は、血管の収縮により肌への栄養を行き渡らせることができません。なので、休息・睡眠をしっかり取るということは、心も体もリラックス状態になり血管収縮の緩和に繋がります。そして、肌へ十分に栄養を行き渡らせることが出来るのです!

2.運動をする

ぐっすりと寝るためにも運動は大切です。運動した後は疲れて夜ぐっすり眠れる事ってありませんか?実は運動することで快感ホルモンが分泌されます。その結果、体はリラックスでき夜は高い睡眠効果を得られます。また、運動することで新陳代謝がUP!体内に溜まった老廃物を排出する事ができるので、美容効果も期待できます。いきなり激しい運動から始めるのではなく、ウォーキングから始められてはいかがでしょうか?外の空気や景色を見て歩くと心も体もリフレッシュ出来ますよ!

3.ノートに書く

イライラした時や嫌な事があった時はノートに書いてみませんか?大声では言えないこともノートなら大丈夫!嫌な事をノートに書き留めるか、黒く塗りつぶしても構いません!最後には必ず破り捨てるようにしましょう!以外にスッキリしますよ。紙を破ると爽快感が生まれますので、ストレス解消にピッタリ!!ぜひ、1冊用意してみてはいかがでしょうか?

4.食事

ストレスが溜まり暴飲暴食に走っていませんか?それは、美容にも体にも良くありませんよ!食事でもストレス解消法はありますので、参考に美容や体にも気を配ってあげて下さいね。ストレスを感じると、脳はビタミンやカルシウムを多く消費してしまい、脳は栄養不足になります。脳の栄養が不足すればストレスを感じやすい体になってしまいます。なので、ストレスに強くなるためにも食べ物で必要な栄養素を補給してあげる事が必要になってきます。

ストレスを解消する食事

『ビタミンC』は、ストレスで感じる「イライラ感」などを抑える働きのあるホルモンの分泌を促進してくれる働きがあります。お勧めの食材は『キュウイ』『レモン』『いちご』『みかん』です。『カルシウム』は、興奮した神経を抑えてくれる働きがあります。お勧め食材は『牛乳』『ヨーグルト』です。日常的に摂取するようにすればストレスに強い体作りができるかもしれませんね!

5.保湿はしっかりと!

内面のケアもお肌にいいかもしれませんが、外的ストレスによるお肌ケアも忘れないように心がけましょう!急激な温度差で起きる肌トラブルは、肌表面の乾燥がとても進行しています。その状態を放置し誤ったスキンケアを続けていると、乾燥が進み、さらには、小じわの原因になります!そうならない為にも、早めの対策をしましょう!

夏でも急激な温度差があります。暑いからと、さっぱりするタイプのスキンケアを行うのではなく、高保湿タイプのものを使用しましょう!また、週一度の集中ケアとして、保湿性の高いパックをすることをお勧めします。肌が乾燥を感じる前に早めの対策を心がけていきましょうね!

保湿

まとめ

日常、私たちはストレスを受けやすい環境の中で生活しています。「イラッ」とすることは当然誰でもあります!!しかし、それを溜めすぎることは、お肌にも健康にも良くありません!

定期的にストレス発散や、ストレスに強くする体つくりをしていくことも大切です。私みたいに「熱唱(笑)」でも大丈夫です!なにか一つでもストレス発散の為にすることが大切!ぜひ、美容・健康のためにもストレスを溜め込まないようにしていきましょう!!

このページの先頭へ